よりよい受信の仕方

エフエムひらかたの放送を、きれいな音で受信するためには・・・

ラジカセやポケットラジオ、ミニコンポのチューナーを「FM77,9MHz」にあわせても、
雑音が入り聴き取りにくい地域というのが枚方市にもあります。
これは, 地形や建物の構造などの影響によるものですが、
少しでも屋内での受信状況を良くするため、いくつかの方法をご紹介しますので、一度試して下さい。

 

A 受信の状況が良い場所とは・・・

受信の状況がよい場所の条件としては

1. 送信所(穂谷)が見えやすいところ

2. 障害物の少ないところ

3. できるだけ高いところ

などです。

 

B 少しの移動でも変化・・・

 

FMの電波の特性により、同じ場所でも、1m程度移動することで、受信の状況が大きく変わります。

C アンテナの長さはどのくらい

 

アンテナは、長ければ長いほど 良いというものでもありません。

1 m~2mが目安です。後は、FM放送を受信できる場所と方角をさがしてください。

 

D 近くにノイズの発生は・・・

 

ノイズ(雑音)を発生させる電子機器などがたくさんある場所では、余計なノイズの電波を拾わないように、

距離をとるかシールドを施して下さい。

 

E 自分の体はアンテナ・・・

 

ノイズ(雑音)を発生させる電子機器などがたくさんある場所では、

余計なノイズの電波を拾わないように、距離をとるかシールドを施して下さい。

人の体は、実は大きなアンテナと同じです。

この特性により、アンテナを人の体に近づけることで、受信の感度を上げる効果もあります。

 


アンテナの工夫をしてみてください!コチラをチェック