今月のパワープレイ

今月のパワープレイ2020年4月

アーティスト:Runny Noize
楽曲名:光へ
リリース日:2020.04.22


2008年結成 枚方ゆかりの4人組メロコアバンド

メンバーは、洲崎貴郁(Vo.&Gt.)、山田健人(Vo.&Gt.)、フクシマテツヤ(Ba.)、児玉とみー優也(Dr.)!

そしてギターボーカルの洲崎貴郁は枚方出身!

関西外大在学中に洲崎と山田が出会い結成。翌年から1年間はカナダに拠点にうつし、そして帰国。

2013年に現メンバーでの活動をスタートさせ2017年には「Bunny」を配信!

この時、FMひらかた開局20周年企画の1つ【Dream 5 Days】にも参加し、

なんと5日間連続で出演してくれました♪

その後もワンマンライブやアルバムリリースなど精力的に活動し、

いよいよこの春、待望のミニアルバム「Thanks God It’s Runny’s Day」を発表!

英歌詞と日本語歌詞を交えたRunny Noizeらしさを押し出し、そして、さらにテクニカルに振り幅を広げ、

バラエティ豊かな楽曲達が収録されたアルバムの7曲目にクレジットされた作品をパワープレイとしてPUSH!

メンバーのうち、洲崎と山田はお笑いコンビ「ラニーノーズ」としても活動中!

昨年の「歌ネタ王2019」では優勝に輝き、知名度・注目度ともに急上昇!

そして、同じく昨年といえば、FMひらかた主催のXmas公録イベント&特番【ひらかたDouミュージック Vol.2】にも出演し、トーク・楽曲・ネタ、全ての魅力をたっぷり披露してくれたので記憶に新しい方も多いはず!

*** Information ***
 04月17日(金)  「ひらかたCOUNT DOWN TOP30」 生出演決定!
 08月10日(月)  梅田CLUB QUATTRO

今月のパワープレイ2020年3月

アーティスト:チャランポランタン
楽曲名:コ・ロシア
リリース日:2020.03.18


2009年結成の姉妹ユニット
平成生まれの”もも”(唄)と、昭和生まれの”小春”(アコーディオン)の二人で結成し、2014年メジャーデビュー♪
バルカン音楽、シャンソンなどをベースに、あらゆるジャンルの音楽を取り入れた無国籍サウンドと、
サーカス風の独特な世界観で、日本のみならず世界で活動を展開中。
また、映画・ドラマへの楽曲提供、演技・声優・イラスト・執筆…とその活動の範囲は多岐に渡る。
今作は、ロシア・ウラジオストクで撮影したアートワークにロシア民謡を織り交ぜた ”チャランポ” らしい音源です♪
小春が監督を務めたというMVも是非見てみて!
コロナでちょっと気持ちが沈みがちな今にピッタリな気楽に楽しめる楽曲です!

*** Information ***
 03月06日(金)~8日(日) ルクア大阪「ルクア大阪の5周年祭」
 04月05日(日)  大阪 ABCホール
 05月08日(金)  京都 紫明会館
 06月06日(土)  大阪 COOL JAPAN OSAKA TTホール

   【注意】 コロナの影響で開催中止となる場合あり

今月のパワープレイ2020年2月

アーティスト:リーガルリリー

楽曲名:1997

リリース日:2020.02.05


2014年結成、東京都出身のガールズ・スリーピースバンド

2014年に当時高校生だった Vo.&Gt./たかはしほのか と Dr./ゆきやま 出会って結成。

2018年7月にBa./海 が加入し、現体制でのライブ活動開始!

そして、その翌年2019年…すなわち昨年には、アメリカ合衆国で開催された

世界最大級の音楽フェスティバル【SXSW2019】にも出演!

さらに、同年9月に映画『惡の華』主題歌として書き下ろした新曲にてメジャーデビュー♪

唯一無二の世界観をもつ楽曲と圧倒的なライブパフォーマンスで、

国内外問わず注目を集める彼女たちが届ける今作は、待望のフルアルバム【bedtime story】の

3曲目にクレジットされた作品。

歌詞に繰り返し登場する「1997年」といえば、ご存知FMひらかた開局の年!

なんだかとっても運命を感じる楽曲です♪ただいま順風満帆!

勢いに乗っているリーガルリリーの今後にも要チェック!

*** Information ***
 02月14日(金) 「ひらかたCOUNT DOWN TOP30」 コメントゲスト出演!
 03月28日(土) 梅田CLUB QATTRO

今月のパワープレイ2020年1月

アーティスト:嘘とカメレオン
楽曲名:モノノケ・イン・ザ・フィクション
リリース日:2020.01.15


2014年4月1日結成・東京育ち・YouTube育ちの5人組。

通称「嘘カメ」は、渋江アサヒ(しぶえあさひ)/Ba.、渡辺壮亮(わたなべそうすけ)/Gt.、チャム(.△)/Vo.、菅野悠太(すげのゆうた)/Gt.、青山拓心(あおやまたくみ)/Dr.からなるロックバンド。

2016年12月にYouTubeにアプロードした初制作MVがネットやSNSで広がり、公開からわずか半年で180万再生を突破し話題に!(その後もロングランを続け、2019年12月現在で619万再生)2018年9月に待望のメジャーデビュー!その後も、さまざまなアニメやドラマの主題歌などに採用される一方、ライブでもパフォーマンスや中毒性の高い楽曲の虜となったファンが増殖中!

また、彼らのライブは一般的なライブ=“実演ライブ”のほかに、インストアライブでは彼らの専売特許ともいえる“当て振りライブ”なるものが…。事前に楽曲の演奏だけでなくMCまでも全てをレコーディングした音源に全力で合わせるというパフォーマンスがあり、まさに変幻自在なカメレオン♪今、破竹の勢いでJ-ROCKシーンを爆進する彼らをしっかりチェックしておいて!

*** Information ***
1月25日(土) タワーレコード梅田大阪マルビル店 (INSTORE)

1月31日(金) ひらかたCOUNT DOWN TOP30 コメントゲスト出演!

2月10日(月) 梅田Shangri-La (2MAN TOUR)

今月のパワープレイ2019年12月

アーティスト:Sano ibuki

曲名:決戦前夜

リリース日:2019年12月11日


1996年生まれ・岐阜県出身のシンガーソングライター

2017年より本格的な音楽活動を開始し、まもなく自主制作した音源「魔法」が

タワーレコード新宿店のバイヤーの耳に留まり、急遽CD化決定、販売を開始するなど、

活動当初より注目されているアーティスト。翌年には、全国流通でミニアルバムを発表、

2019年のミュージックビデオ公開を経て、11月にアルバムデビューを果たす…という、目まぐるしい展開・

スピードでここまできた”Sano ibuki”

今作は、12月13日より劇場公開となる映画 「ぼくらの7日間戦争」の主題歌をして書き下ろされた作品。

疾走感のある音楽、そして、優しくて力強い声は、きっと初めてきいた人の耳にも忘れられないサウンドとして残るはず!
音楽シーンに登場し間もない彼は、まだまだ知られざる部分も多いのがまた魅力かも!?

*** Imformation ***

02月24日(月) 大阪Pangea

※只今、ゲスト出演のスケジュール調整中…。

 

今月のパワープレイ2019年11月

アーティスト:wacci

曲名:Baton

リリース日:2019.11.13


200912月に結成された5人組バンド。

メンバーは、(写真左から)村中慧慈(ムラナカケイジ・E.Gt)、小野裕基(オノユウキ・Ba.)、

橋口洋平(ハシグチヨウヘイ・Vo.&Gt.)、因幡始(イナバハジメ・Pf.&Key.)、横山祐介(ヨコヤマユウスケ・Drs.)の5名。

バンド名の由来は【わたしたち】を輪にして頭とお尻の文字をくっつけて wacci。

日常を切り取りどんな人のそばにでも寄り添って歌うスタイルで、聴く人すべての『暮らし』の中に、

そっと入りこんでいけるような音楽を届けたいとの想いで活動し、実際にこれまでの作品「大丈夫」や「感情」、

「空に笑えば」など、いずれも”泣いていたあなたがちょっと笑えるような、

笑っていたあなたがもっと笑えるような”歌を多く世に送り出している。

今作「Baton」は、親から自分へ、自分からまた更に大切な存在へと、受け継がれていく絆をテーマにした楽曲。

何十年、何百年、何千年、何万年…時代を越えずっと前から受け継がれ託されてきたバトンは、

命はもちろん、文化や歴史、そしてたくさんの人たちの大切な”想い”も詰まっていて、

そんな普遍的な心が温かくなることをwacciが優しく伝えてくれている1曲です♪

 *** Information ***

47都道府県ツアー2019-2020

 2019年>

 1103日(日) 京都MUSE

 11月09日(土) 大阪城野外音楽堂

2020年>

 0125日(土) 神戸VARIT

 0404日(土) 梅田Banana Hall

 0405日(日) 梅田Banana Hall

 0516日(土) ロームシアター京都

 

 ※只今、ゲスト出演のスケジュール調整中…。

 

今月のパワープレイ2019年10月

アーティスト:アンダーグラフ

楽曲名:君が笑うため生きてる

リリース日:2019.09.22


 2000年地元枚方&寝屋川で結成したロックバンド。

現メンバーは、真戸原直人(Vo.&Gt.)、中原一真(Ba,)、谷口奈穂子(Drs.)の3名。

表面的でないココロの奥にある喜怒哀楽を形にした音楽を創っていくという思いを込めて名づけられたバンドは、

当時2004年のデビュー曲「ツバサ」が累計売上40万枚、着うた配信200万ダウンロードを突破し、

世代を超えて支持される名曲として大ブレイク!あれから15年を迎える今年2019

「ツバサ」をリリースした記念すべき922日に発表されたのが5年ぶりのフルアルバム「マクロスコピック自由論」!

今回は、この中の11曲目にクレジットされた楽曲がパワープレイ曲です♪

 ”地球を顕微鏡で覗くような、また、遠い星から望遠鏡で眺めるような”そんなコンセプトで制作したこのアルバムは

家族・学校・会社の人間関係など、なにかとミクロな視点での問題に注視される現代において

日本・世界・地球・宇宙、そして命。マクロな視点で視野を広げることで気づくことのできる大切なことが詰まった1枚。

それは、音楽活動にとどまらず、発展途上国のために、社会支援活動も続ける彼らだからこそ伝えることができること。

 FMひらかたでは、彼らがインディーズ時代の2002年にリリースした

1stマキシシングル「hana-bira」を【インディーズスクラップ】にてマンスリーピックアップして以来、

ずっと応援している地元出身バンドです。

デビュー以来、常に大切なことを伝え続けている真戸原さんの歌詞にも是非耳を傾け聴いてみて!

 *** Information ***

1006日(日) 心斎橋Music Club JANUS (デビュー15周年ワンマンツアー)

 ※只今、ゲスト出演のスケジュール調整中…。

 

今月のパワープレイ2019年9月

アーティスト:Lucky Kilimanjaro

楽曲名:初恋

リリース日:2019.09.04


2014年結成、東京を拠点に活動する6ピースエレクトロポップ・バンド

メンバーは、熊木幸丸(Vo.)、柴田昌輝(Dr.)、山浦聖司(Ba.)、大滝真央(Syn.)

松崎浩二(Gt.)、奥真人(Per.通称ラッキリと呼ばれる彼らが生み出す音楽は、

鮮やかなシンセサイザーのサウンド、ダイナミックなドラム&パーカッション、

誰もが口ずさめるメロディラインとダンスミュージックの融合

80年代のシティポップやディスコサウンドにも大きく影響を受けた楽曲を中心に制作し、

また、歌詞の世界観やメッセージ性、アレンジ構成力の高さなどにも定評があり、

今、あちこちから注目を集めているまさに旬のアーティスト!

 今作は、今年6月からの4カ月連続リリースの第4弾シングル!

“世界中の毎日をおどらせる”をコンセプトに、みんなが前向きになれるような、ワクワクする音楽を作り続ける

彼らですが、決して”単純に踊れる音楽”を追求しているわけではなく、連続リリース最後に発表した「初恋」も、

思わずリズムを取ってしまう心地の良い音楽に乗って届く言葉たちは、心にひとつまみの勇気や元気や明るい未来を与えてくれる優しい作品♪

*** Information ***

920日(金) ひらかたCOUNT DOWN TOP30 (コメントゲスト)

 

今月のパワープレイ2019年8月

アーティスト:鈴木 瑛美子
曲名:FLY MY WAY
リリース日:2019.08.28


令和元年デビューの20歳のシンガーソングライター

ゴスペルのステージをプロデュースしたり教えている父と、そのクワイアなどにも参加している母や

姉がいる音楽一家の環境で育ち、常に音楽がそばにあり、幼い頃から日常に歌が溢れていたという彼女。

けれど中学高校はバレーボール部に所属して充実した学校生活を送っていたそうで、

高校生では全国のゴスペルコンテストで優勝したり、テレビ番組で”最強ゴスペル女子高生”などと話題になるも、

本人が心から「歌手になりたい」と思ったのは、高校を卒業してから見に行った大原櫻子ちゃんのステージ…

という、つい最近の話。

けれど、一度本気で歌をやりたいと思ってからは、音楽に囲まれて育まれた才能が一気に開花♪

特に、それまでにも経験があったレコーディングより、自分の歌を聴いて、泣いたり笑ったりするリスナーの反応がダイレクトに伝わる”ライブ”への関心が高く、その力を日々磨いてます!

今回のデビュー曲では、いま自分が持っている技術や歌い方、それら全てを注ぎ込み、

最大限に表現した作品で、今まで自分に関わってくれた人たちに贈る楽曲。

パワフルで、聴いてきて、単純に気持ちの良いシンガー・鈴木瑛美子の声を、まずはあなた自身の耳で聴いてみて♪

 

*** Information ***

927日(金) ひらかたCOUNT DOWN TOP30 (コメントゲスト)

今月のパワープレイ2019年7月

           

            

アーティスト: 根川萌 & 古谷萌佳

曲名: この街が好き

作詞:上田和寛

作曲:杉山勝彦

リリース: 2019.07.01


今月は先日完成したばかりの枚方市テーマソングをPICK UP!

フォークデュオTANEBIのボーカル上田和寛さん(枚方出身)が作詞、

ギター杉山勝彦さんが作曲を担当し制作された楽曲を、オーディションで選ばれた

根川萌(ネガワモエ)さん(14歳)・古谷萌佳(フルヤモエカ)さん(22歳)という2人の枚方市民がツインボーカルで歌う作品。

” 河川敷・短冊・夏の花火・観覧車… ”

「枚方といえば?」と市民に問いかけ集まった意見を参考に作られた歌詞は、

まさに枚方をイメージするキーワードがあちこちに散りばめられ、

きっと多くの”枚方人”がそれぞれに似た景色を想像し、大切な人を想い、共感させてくれる世界が描かれ、

そこに優しくて少し懐かしく、そして明るい未来や希望を感じるメロディが寄添い表現された楽曲です。

「おかえり」と変わらず待っている人がいる…。

それぞれにとって大切な思い出がある場所、たとえ離れても帰ることができる場所。

そんな温かい場所が描かれた枚方のテーマソング「この街が好き」は、

一人でも多くの市民に親しまれ、今後長く愛され、歌い継がれる楽曲になれるようにとの想いが込められ誕生しました♪

今後、ラップバージョンなどの制作も決定しており、

こちらには先のオーディションで合格した14歳の藤田彩夢(フジタアヤメ)さんも参加予定!乞うご期待♪

◆◆◆ Information ◆◆◆

7月15日(月・祝) かふぇど・すてーしょん ゲスト出演

8月25日(日)   特番「ラジオdeワッショイ!枚方まつり2019」ライブ

・・・ その他、今後市内の各地ステージにて披露予定!

 

※この楽曲は枚方市のホームページでも7月1日より公開されます。